a「ス・ネ・パ・グラーヴ」
ce nest pas grave

シエスタ(バイオリンの 高橋じゅん とアコーディオンの 山口あかね によるデュオ)に
原田博行がギターで参加しています。

1
イントロダクション
sound
2
ボンジョルノ・プリンチペッサ
sound
3
銀色の森
sound
4
コム・パスカル
sound
5
カエルのロンド
sound
6
オリジナル・ワルツ2
sound
7
ス・ネ・パ・グラーヴ
sound
8
アントラクト
sound
9
バルーン(ブーシュカのテーマ)
sound
10
イレ・コントン
sound
11
インスト−1
sound
12
2003年8月
sound
13
sound
14
2003年9月
sound

2007年12月14日発売。
パリの街角をテーマにした前作「ディモンシェ・アプレ・ミディ〜日曜日の午後に〜」から11年。
待望のオリジナル作品集が完成しました。

SIESTAのウエブサイト: http://www2u.biglobe.ne.jp/~SIESTA/

SIESTA(シエスタ)は、1992年パリで結成しました。  
当時、フランスに留学中の2人が、街角に溶け込むように演奏する辻音楽師に感銘を受けたのがきっかけとなり、「空間と音楽」をコンセプトに活動を開始。  
帰国後、東京を中心に、様々な生活空間で、バイオリンとミュゼット・アコーディオンによる演奏活動を行っています。  
活動場所はコンサートホール、ライブハウスをはじめ、フレンチレストランから美術館、カフェにいたるまで多岐にわたっており、海外においても、フランスやスペインなど、ヨーロッパ各地で演奏しています。  
また、映画・演劇への出演、他のアーティストとの共演、CM音楽等オリジナル音源の作製など、様々な分野でも活動しています。

通販ページ

京都町内会バンド